マンション管理

マンションの専有部と共用部とは?正しく知って居住者間のトラブルを回避する

マンションの一室を購入すると一戸建てとは違い自身の所有物で独占的に使用できる居室などの専有部と、マンションのエントランスや共用廊下、バルコニーなどマンションを所有している全員の共有物である共用部とに分かれます。

本記事では、マンションの専有部と共用部を理解することで、マンション暮らしをしていくための知識を得ることができます。

マンションの専有部とは?


自身が居住するマンションの居室(躯体部分を除いた天井・床・壁)はもちろん専有部分となり、自身の所有物で自由に使用できる部分となります。

但し、一見すると当然に専有部分だと考えられがちな部屋の窓枠、窓ガラス、雨戸、網戸、玄関扉の外側の塗装部分、バルコニーなどは専有部分ではないのです。

これらの専有部分でない箇所は自分の部屋だからと言って、より機能的な物に変えよう。古くなってきたから実費で交換しようと思っても絶対にしてはいけません。

もし窓ガラスなどが壊れてしまい、修復や交換をしなければいけない時には、マンションの管理組合の理事会や建物管理会社に必ず確認することが必要です。

因みに玄関扉では、錠と内部塗装部分が専有部分と定められています。

また、目に見えにくいですが居室の壁の外や床の下などにある専用部分内の電気の枝線、ガスや水道の枝管という物があり、それらも専有部分と定めれています。

マンションの共用部とは?


基本的にマンション内の全員で使用する部分が共用部となります。

具体的には、エントランス、フロアの廊下、階段、外壁などから前項で述べた部屋の窓枠、窓ガラス、雨戸、網戸、玄関扉の外側の塗装部分、バルコニーも共用部分となります。

また、目には見えにくい電気の配線、ガス、水道のメイン配管なども共用部となります。

共用部は専有部分とは違い、個人が独占して使う権利はありません。

自分の玄関前だからといって特別に定められている場合を除き、廊下などに私物を放置することは違反行為となりますので気をつけてください。

専用使用権とは?


マンションの共用部分の中には個人が独占的に専用して使用できる専用使用権というものが設定されていることがあります。

代表的なのは先にも何回か述べている部屋の窓枠、窓ガラス、雨戸、網戸、バルコニーなどです。

自身の部屋に隣接している窓やバルコニーなどは、共用部分だからと言って全員で使用することは物理的にも不可能で現実的なことでもありません。

そのため、共用部分でありながらも個人が専用して使うことのできる専用使用権というものを設定します。

この専用使用権によって特定の個人が専用して使うことができるようになっています。

1階に居室があり、庭があるマンションなどにはその庭にもこの専用使用権が設定されていることがほとんどです。

しかし、あくまでも共用部分であるため、マンションのルールが定められた管理規約や使用細則に沿った使用方法が必要となりますのでよく覚えておいてください。

まとめ

  

今回の記事のまとめをします

マンションの専有部

♦自身の所有物で自由に使用できる部分
・居室(躯体部分を除いた天井・床・壁)
・玄関扉の錠と内部塗装部分
・専用部分内の電気の枝線、ガスや水道の枝管

マンションの共用部

♦基本的にマンション内の全員で使用する部分
・エントランス、フロアの廊下、階段、外壁
・部屋の窓枠、窓ガラス、雨戸、網戸、玄関扉の外側の塗装部分
・バルコニー
・電気の配線、ガス、水道のメイン配管

マンションの専用使用権

♦共用部分の中で個人が独占的に専用して使用できる権利
・部屋の窓枠、窓ガラス、雨戸、網戸
・バルコニー
・専用庭

本日も読んでいただき、どうもありがとうございました。

ABOUT ME
マンションLC
管理を制してモヤモヤ解消! 確かな知識でマンションLIFEを全力サポートします。