東京都荒川区マンション情報

荒川区マンション最新情報

管理計画認定制度の開始について

2022年4月から各地方自治体にて開始された管理計画認定制度ですが、2023年11月1日より荒川区も開始しております。

制度の概要

マンションの管理組合が作成した管理計画を地方公共協団体に申請し、一定の基準を満たしている場合は、管理水準が良好なマンションとして認定を受けられる制度です。

認定のメリット

・管理組合による管理の適正化に向けた自主的な取組が推進されるほか、管理計画の認定を受けた分譲マンションについて、市場で高く評価されます。

・良質な管理水準が維持されることで、居住者のみならず、周辺地域の良好な居住環境の維持向上に寄与します。

・管理運営を見直すきっかけになります。

・管理計画の認定を受けた分譲マンションの取得や改修に対して、住宅金融支援機構の【フラット35】及び【マンション共用部分リフォーム融資】の金利優遇が受けられます。

・マンションすまい・る債の利率が上乗せされます。※1

・長寿命化に資する大規模修繕工事(防水工事、外壁塗装等)を実施した場合、その翌年度に課される固定資産税が減税されます。※2

※1 【2024年度マンションすまい・る債の利率】
・通常のマンションすまい・る債:0.500%
・管理計画認定を受けたマンション向けマンションすまい・る債:0.550%

※2 固定資産税の減額の適用は、以下のような要件を全て満たすものに限ります。
・築20年以上かつ10戸以上で管理計画の認定を取得したマンション
・管理計画の認定基準未満から認定基準以上に修繕積立金を引き上げたマンション
・長寿命化工事を過去に1度以上実施していて、令和5年4月1日から令和7年3月31日の間に2回目以降の長寿命化工事を完了しているマンション

管理計画認定マンションは下述のサイトから閲覧できます(公表を希望しているマンションのみ)
管理計画認定マンション閲覧サイト
※ 東京都荒川区では現在(2024年5月20日時点)で5つのマンションが認定されています。

荒川区の認定マンション情報はこちら

荒川区マンション基本情報

荒川区防災都市づくり部

組織名
主な仕事
都市計画課
都市計画(用途地域など)、開発許可、地区計画の届出、住環境条例、景観条例・景観計画、交通計画(コミュニティバス、バリアフリーなど)
住まい街づくり課
防災まちづくり、建物の耐震化の推進、住まいとまちづくり相談、住宅資金融資あっせん、区民住宅・都営住宅の入居者募集、市街地再開発事業の計画・支援、民間開発の支援・誘導
土木管理課
道路・公園の維持管理、道路・公園占用、屋外広告物、道路工事の申請、道路台帳、境界確定、私道工事の受託、放置自転車対策、自転車置場の管理運営、街なか花壇、緑化の指導・助成、街路灯の工事・維持管理
基盤整備課
都市計画道路・都市計画公園・その他道路、公園等の整備(計画、設計、施工監督、用地取得、測量)
建築指導課
建築確認及び許可申請の審査・検査、建築物等の違反是正、細街路拡幅整備事業

荒川区マンション管理適正化推進計画

マンションの管理の適正化の推進に関する法律(平成12年法律第149号)の改正により、自治体による「計画策定」「管理組合等に対する助言・指導・勧告の実施」「管理計画の認定」が可能になりました。

荒川区マンション管理適正化推進計画では区の目標や施策、指針等を定め、マンションの管理の適正化を取り組んでいます。

荒川区マンション条例

荒川区住宅等の建築に係る住環境の整備に関する条例

条例の概要

子育てのために必要な施設の設置等に関する事前協議、計画予定地周辺の近隣関係住民に計画の事前周知を行うほか、良好な生活環境のための区画の敷地面積、住戸の専用床面積、自動車駐車場、防災対策、管理体制等のほか、周辺への配慮項目として、道路整備や外壁の後退、景観配慮、電波障害対策等について定めています。併せて、入居後における地域との関わりについて、緊急時の連絡先の表示や入居者が遵守すべき事項、町会加入や自治会設立に関する協議を定めています。
なお、景観、緑地、廃棄物保管場所、自転車駐輪場については、それぞれ、「景観条例」、「みどりの保護育成条例」、「廃棄物の処理及び再利用に関する条例」及び「自転車等の放置防止及び自転車等駐車場の整備に関する条例」の対象になりますので、ご注意下さい。手続きもそれぞれの条例に基づく届出が必要になります。

令和4年7月1日以降に建築計画書を提出する場合は、改正後の条例が適用されます。

荒川区住宅等の建築に係る住環境の整備に関する条例施行規則

この施行規則は、前項の「荒川区住宅等の建築に係る住環境の整備に関する条例の施行」について、必要な事項を定めているものです。