マンション管理

マンション管理が悪い管理組合の見抜き方3ポイント

多くのマンションではマンションの管理をしていくために管理組合というものが構成されます。

管理組合へはマンション1戸の所有者となると強制的に加入しなければなりません。

逆に所有していたマンションを売却したりして自分の所有物でなくなると、自動的に管理組合からも脱退することとなります。

マンションの管理組合の活動は非常に重要で、マンションのルールや設備点検、修繕計画などはこの管理組合の総会で決めていくことになります。

しかし、管理組合が機能していないマンションではルールが守られない、修繕計画もずさん、日々の清掃業務もいい加減となりがちで健全なマンション管理を維持していくことは難しくなるでしょう。

この記事を読んで管理組合が正常に機能しておらずに管理が悪いマンションを見極める3つのポイントを学び、マンション購入の際に役立つ情報の1つにして下さい。

マンション管理が悪い管理組合の見抜き方①:ゴミ庫の状況を確認


一軒家などの戸建てでは、ゴミを出す日というのはゴミ回収業者の収集がある当日の朝に各家庭で回収場所まで搬出するのが一般的だと思います。

一方、マンションでは敷地内にゴミ庫があり、居住者は24時間365日ゴミを搬出できるというタイプのマンションが数多くあります。

そのようなマンションでは、ゴミ回収日には、マンションの管理員がゴミ庫から回収場所までゴミを搬出する作業を実施してくれるところが多いです。

マンションのゴミ庫の状況を確認すると、ある程度そのマンションの管理状態がわかってきます。

例えば、次のような状況が複数あてはまるのであれば、管理組合が機能していない、管理に無関心な管理組合である可能性が高くなります。

1.ゴミ庫がとにかく汚くて入りたくもない
2・清掃用具などが整理整頓されていない
3.ゴミが全く分別されていない
4.有料で搬出しなければいけない粗大ゴミが散乱している。
5.壁にはゴミ出しに対する注意書きがやたらと貼られている
※逆にゴミ出しに関する掲示が何も貼られていない場合もNGです

マンション管理が悪い管理組合の見抜き方②:各階の廊下を確認


マンションの各フロアの廊下は共用部と言って、各部屋の居住者が専用して使う権利はありません。

そして、自分の部屋の玄関扉の前であっても共用廊下には例え傘1本でも私物を放置することは禁じられています。

あなたが購入しようと考えて内見に行ったマンションの各フロアの廊下に自転車、ベビーカー、子供の玩具などが放置されていた場合は管理組合が機能していない可能性があります。

ただし、マンションの中にはポーチといって共用廊下に門扉を設けて門扉から玄関までを共用部でありながら専用して居住者が使用できる専用使用権というものを設定しているところもあります。

ポーチを専用して使用できるかどうかは管理規約とういうマンションのルールなどを定めたものがあるので、それを確認してみれば専用して使用できるかどうかを知ることができます。

また、私物は放置されていても管理員や管理会社、管理組合の理事達でさえ勝手に撤去や廃棄することはできません。

もしかすると今現在進行形で管理組合(理事会)などで私物放置に対する対策をしているかもしれません。

そのため「廊下に私物が放置されている=管理組合が機能していない」とすぐに決めつけられない場合もあるので注意してください。

マンション管理が悪い管理組合の見抜き方③:掲示板を確認

マンションには設備点検や定期清掃など様々な情報を居住者へ連絡するために掲示板を設置しているマンションがほとんどです。

この掲示板を見てもこのマンションの管理状態や管理組合の活動を見極めることができることがあります。

先に「廊下に私物が放置されている=管理組合が機能していない」とすぐに決めつけられない場合があるとお話しましたが、もし管理組合が私物放置に対して対策活動をしているとすれば、掲示板に何らかの注意喚起が掲示されている可能性が高いです。

但し、私物放置の他にも騒音、ゴミ出しなどあまりにも多くの注意喚起が掲示されている場合には、逆にとりあえず掲示だけして終了。というような管理会社任せで管理組合としては機能していない可能性もあります。

このような場合には、その掲示がいつから掲示されているのか?何か月以上も前からずっと掲示されていないか?掲示期間が記載されているかなどを確認することも大切です。

適正な掲示が適正な期間掲示されていることは健全な管理組合活動がなされていると見て取れます。

しかし、あまりにも多くの掲示物がいつから掲示されているかもわからないまま掲示されているような状態であれば管理組合が機能していない可能性は高いということも覚えておいてください。

まとめ


今回の記事では管理組合が機能していない管理の悪いマンションの見抜き方について記載しましたが、実際の管理組合の活動は管理組合の総会から選ばれる役員である理事達が中心となり活動していきます。

しかし、理事達だけがいくら頑張って活動してもマンションは良くなりません。

管理組合員一人一人が意識を持って行動することが管理組合としての機能がなされていくものだということを念頭に入れておいてください。

本日も読んでいただき、どうもありがとうございました。

ABOUT ME
マンションLC
管理を制してモヤモヤ解消! 確かな知識でマンションLIFEを全力サポートします。